ここまで書くの!?メンタリストDaiGoの「人を操る禁断の文章術」がヤバい心理術てんこ盛りな件

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:whochico:20160822120121j:plain


こんにちはボク(@diy_or_die_)でございます。

ブログ始めてから「文章を書くスキルを磨きたくて読書量がハンパじゃなく増えたボクですが、「あ、これは文章書く人なら読まなきゃダメだ!という本に出会いました。
この本はヤバイ . . . . . 。

 

メンタリストDaiGo「人を操る禁断の文章術」

 

 

メンタリストDaiGoの、人を上手に誘導するパフォーマンスを支えているのは、
人間の心理的特性についての膨大な知識量と実践の量である。

本企画では、メンタリズムの得意とする「人心掌握」「大衆煽動」のエッセンスを文章に応用し、
読み手の心を自在に操る「メンタリズム文章術」を大公開。

その文章術の軸となるのは、「読み手の見たい現実を見せてあげる」という、
相手の心理を先回りした「想像力を刺激する」書き方のテクニックである。
本書では、解説するテクニックに対して心理学の見地から裏付けの説明を随所に加える。

扱うテーマは、セールス、プレゼン、恋愛、依頼など、書き手の腕が求められるシーンを幅広く網羅。

また、人間の感情をゆさぶる7つ引き金(トリガー)と、今すぐ文章にそのまま応用できるテクニックを紹介。本書を読むことで、書くべき内容とその書き方が一目にわかるようになる。
 ( amazon より引用 )

 

 「人を操る禁断の文章術」ってどんな内容?

 

皆さんご存知「メンタリストDaiGo」さんの著書でございます。

DaiGoさんのヤバすぎるスキルは皆さんご存知ですよね?

そんな先生が「文章を人に届ける技術」と「人を文章で操る技術について、「え?こんなことまで書いて大丈夫なん?」と、こんな素人のボクが心配になってしまうくらいの「スペシャル文章術」を包み隠さず伝授してくれる本です。

中でも特に印象に残った一節を引用してみます。

 

ねらいは、読み手の無意識に残すこと

(前略)

区切りのついていないもの、終わっていない話は必ず脳のどこかで考え続けられます。

(後略)

(「人を操る禁断の文章術」より引用) 

 

このように、自分が文章を通して本当に伝えたい内容を相手の脳の中に残らせる文章テクニックなどが素人にも分かりやすい言葉、例で説明されています。

 

「人を操る禁断の文章術」の感想

 

この本に書かれているテクニックを自分の文章に盛り込んだらどうなるのか . . . .。

 

じゅるりw

 

なーんてそんな簡単なハズもない(当たり前)ですが、この本で説明されている心理テクニックを盛り込む訓練を地道に続けていけば、いつの日か結果が出そうな予感がなんとなくあります。

根拠は全くありませんがw

 

というのも、この本に書かれているテクニックは、誰もが読んだその日から即実行できるくらいの至極簡単なことだからです。

だって「意識して文章を書く」だけですからねw

 

ちなみにですが、このエントリーにもちょっとだけ取り入れてみてますが、結果はどうだろなー?w

 

まとめ

 

今回ご紹介したメンタリストDaiGoの「人を操る禁断の文章術」は心理学の観点から「人に行動させる文章」を詳しく説明されています。
といってもそれはその道のスペシャリストにしか分からない専門用語が並んでいる難しい内容ではなくて、心理学を全く知らないボクのようなど素人にも分かりやすい伝わりやすい例文などで説明されています。

 

ぼくのような「ヤッベー!どうやって書けばいいんだー!」みたいな、文章が上手くなりたいブログ初心者、文章のド素人が読めば必ず糧になる本だと思いました

 

 

コチラの関連記事の【良著】も素晴らしいです。